扇こころ保育園扇こころ保育園

扇こころ保育園の案内扇こころ保育園の一年保育園での活動・理念環境構成

毎月のおたより子育て支援のお知らせ社会福祉法人東京児童協会福祉サービス第三者評価

採用情報

保育園での活動・理念

沿革保育理念保育方針「心育」

沿革
 社会福祉法人東京児童協会は、昭和5年に創設者である大滝政治が江東区に大島中央幼稚園を開園したことに始まり、昭和35年に法人としての認可を受け、前身を含めると設立78年目を迎える社会福祉法人です。
 また保育事業のみを行う社会福祉法人としても評価されており、東京都内に10の認可保育園を運営しております。
 当園は、元々足立区が運営する第二本木保育園という名称で運営されていましたが、平成20年3月31日をもちまして閉園となり、平成20年4月1日より東京児童協会運営の私立保育園「扇こころ保育園」として新たに開園致しました。
保育理念「大きなおうち」
  • わたしたちは、「大きなおうち」を理念に、子どもも大人もみんなが互いに支えあい育ちあうあたたかい雰囲気の中でのびのびと過ごせる家庭的な保育園をつくります。
  • わたしたちの願いは、家庭と保育園が思いをひとつに一人ひとりの子どもたちの笑顔あふれる毎日を実現することです。
  • わたしたちの夢は、歴史の希望である子どもたちが、現在を最もよく生き、望ましい未来をつくり出す力の基礎を培うことです。
保育方針「心育」
 こころが育つ瞬間を見たことがありますか?
私達は「心育」を理念に、子どもの心の成長を第一に考え、子どもも大人もみんなが楽しみ合いながら過ごせる心のゆとりと心の育ちがある保育園をつくります。
 豊かな保育環境の中、心が育つしかけと行事、毎日の中でたくさんのお友だちや先生と、笑顔あふれる体験と経験の中で目に見えない心が育ちます。

上に戻る

トップページ